プラセンタの栄養素

プラセンタサプリメントの口コミランキング

プラセンタには三大栄養素、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素など必要な栄養分が豊富に含まれています。

プラセンタサプリメントTOP > 栄養素

プラセンタに含まれるさまざまな栄養素

プラセンタ(胎盤)は、母胎で機能している際、酸素や栄養素を胎児に供給する役割を担っています。

そのため、胎盤から抽出したプラセンタエキスには各種栄養分が豊富に含まれており、栄養の宝庫として知られています。

もともと胎児の成長に欠かせない栄養分が凝縮されているので、プラセンタを摂取することで、たくさんの栄養分を効率よく摂取することが可能です。

ここでは、プラセンタに含まれている主な栄養素を紹介します。

アミノ酸

アミノ酸は人体のたんぱく質を構成している主成分のひとつで、皮膚や爪、髪、筋肉などの原料となる成分です。

私たちは普段、食事に含まれるたんぱく質からアミノ酸を摂取しており、たんぱく質が体内でアミノ酸に分解され、再び結合することでさまざまなたんぱく質として働いています。

しかし、食事として摂取するたんぱく質は体内吸収率が低いため、そのほとんどは老廃物として排出されてしまいます。

その点、プラセンタに含まれるアミノ酸は単体構成されているため、非常に体内吸収率が高く、効率の良いアミノ酸摂取が可能となっています。

プラセンタには、体内で合成できない必須アミノ酸を含め、多くのアミノ酸が含まれています。

たんぱく質

糖質・脂質とともに三大栄養素に数えられてる栄養素です。

体重の約5分の1を占めており、血液や筋肉、皮膚、髪、爪など、さまざまな器官を作る主要成分となっています。

他にも、酵素の生命維持や、エネルギー源として活用されることもあり、体にとってなくてはならない重要成分として認識されています。

脂質・脂肪酸

人体のエネルギー源となり、細胞や血管など、体内の重要器官を支える栄養素です。

ビタミンA、D、Eの体内吸収を助ける作用もあるため、ビタミンとのバランスのよい摂取が推奨されます。

糖質

生命活動のエネルギーの源となる栄養分です。

糖質のほとんどは体内で消化・吸収された後、ブドウ糖に分解され、体内エネルギーとして活用されます。

特に脳にとってはブドウ糖が唯一のエネルギー源なので、不足すると集中力や記憶力の低下を招きます。

ビタミン

体内の生理機能のバランスを整える成分です。体内で合成生産されない栄養素なので、食事やサプリメントなどで外部から摂取する必要があります。

ビタミンにはさまざまな種類がありますが、それぞれ基礎代謝をスムーズにしたり、生活習慣病を予防したり、健康な肌を維持する働きがあります。

ミネラル

人体にとって欠かせない元素のことで、無機質とも呼ばれる栄養素です。

糖質・脂質・たんぱく質・ビタミンと並んで五大栄養素の一つに数えられており、適度な摂取が推奨されています。

プラセンタには、カルシウムやナトリウム、カリウム、マグネシウムなどが含まれています。

核酸

ヒトの細胞は60兆個ほど存在しており、新陳代謝によって常に新しいものに生まれ変わっています。

この新陳代謝に必要な栄養素が核酸で、肌のターンオーバー機能の促進やガンの予防、ダイエットなどに有効です。

酵素

生体内において、消化・吸収・輸送・代謝・排泄のあらゆる過程に関与している重要な物質です。

体は外部から摂取した栄養分を消化・吸収し、さまざまな形に変えて働かせているため、人間にとって酵素は生きるために欠かせない成分となります。

そのため、酵素が不足すると、体が老化し始め、生活習慣病の原因となります。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) プラセンタサプリメントの口コミランキング All Rights Reserved.